診療時間 / Consultation hours

平 日
月〜土
9:00~12:00
17:00~20:00

※13:00〜17:00 手術・検査・処置
休診日 日曜日・祝日
※通院治療の必要な方のみ診察(午前)を行っています。ご予約ください。
備 考 学会参加、大学病院研修(月1回)のため、
臨時休診とさせて頂く場合があります

 

診療科目(多い症例を一部抜粋)

予防医学 しつけ、マイクロチップ、予防接種、フィラリア予防、去勢避妊手術
内科疾患 皮膚科
循環器科
消化器科
血液内科
耳鼻咽喉科
呼吸器科
泌尿器科
眼科
生殖器科
内分泌科
腫瘍科
神経内科
動物行動科
etc
膿皮症、寄生虫、真菌、アレルギー、アトピー、免疫疾患…
弁膜症、心筋症、不整脈…
嘔吐、下痢、異物摂取、炎症性腸疾患…
溶血性貧血、播種性血管内凝固…
外耳炎、耳血腫、軟口蓋過長症…
気管支炎、肺炎、気管虚脱、気胸…
膀胱炎、尿石症、腎不全…
角膜炎、ドライアイ、ぶどう膜炎、チェリーアイ…
子宮蓄膿症、潜在精巣、前立腺疾患、卵巣疾患…
糖尿病、クッシング症候群、アジソン病、甲状腺疾患…
化学療法…
てんかん、水頭症、重症筋無力症、脳炎、ホーナー症候群…
分離不安症、行動療法、薬物療法…
外科疾患 軟部外科
 
腫瘍外科
胸部外科
整形外科
神経外科
皮膚形成外科
レーザー手術
etc
胆嚢切除、会陰ヘルニア、胃拡張捻転症候群、外耳道切除
結石摘出、尿路変更術…
体表腫瘤、腹腔内腫瘤、乳腺腫瘍摘出…
肺葉切除、横隔膜ヘルニア、心タンポナーデ…
各種骨折・脱臼、レッグペルテス、前十字靭帯断裂症…
椎間板ヘルニア、脊髄くも膜のう胞…
転位皮弁、皮膚移植…
一概には言えませんが、内科疾患と外科疾患の明確な境界はありません。
同じ病気でも、重症度・動物の年齢・飼い主の考え方・獣医師の知識と技術力・医療の進歩等により変わることがあります。EBM(Evidence-based meddicine: 科学的根拠のある治療方法)に基づき、インフォームドコンセント(説明と同意)の上、
ベストもしくはよりベターな治療方法を選択しましょう。
CT・MRI検査が必要な症状の場合、当院より他施設を紹介させていただきます。
また、高度医療が必要な場合、専門病院/大学病院を紹介、
もしくは連携し、チームとして治療させていただきます。

往診について

お電話にてお問い合わせください
継続治療が必要な場合に、お車の運転ができない飼主様や、お車の運転が不安なご高齢の飼い主様を中心に応対致します。
初診の方は、必要な検査が迅速に行えないため来院されることをお勧めします。
院内業務が中心のため、緊急時には応対できないこともございますのでご了承ください。